芝浦出張マッサージをすぐ受けたいなら個室利用もお勧め
仕事疲れやストレスが我慢出来ないと、マッサージを受けるにしても「少しでも早く癒しの世界に浸りたい・・・」そう願うのが普通です。
出張マッサージは深夜早朝にかけても施術可能なばかりか、駅近のエリアに施術専用の個室さえ用意しており、必要とあればすぐに立ち寄り極上の施術を受けられるのが魅力です。
出張マッサージの多くは文字通り、自宅やホテルへの出張サービスをメインとしていますが、これとは別に施術専用の個室を設けているお店もあります。個室は駅から徒歩数分以内の高級マンションに設けられているケースが多く、辛い仕事上がりでもすぐに立ち寄れます。上質なインテリアやアロマオイルの香りを体感しつつ、ラグジュアリー感満点の非日常に浸れます。
出張マッサージは厳選に厳選を重ね採用した美人セラピストも大きな魅力です。妖艶な容姿や物腰、上品なマナーがもたらす甘いムードは、上質な個室にて最も魅力を発揮します。施術も大変上質で心地良く、日頃のストレスを綺麗さっぱり忘れる事が出来ます。
施術コースは1時間から2時間以上まで分かれており、都合や身体の状態に応じて選べます。当然長時間の方が施術に幅が生まれる為、身体の隅々まで癒して貰いたい際に有利となります。

時代の先駆者を担っている芝浦という地区

「芝浦」とは芝の浦の意味であり、昔から芝一帯の東京湾を指す言葉で使われていました。現在では、東芝電気とか芝浦工大とかで 「芝」という言葉にその流れが息づいています。この地域一帯は、文字通り芝が生い茂った地であり、その沖の海岸部分であるため「芝浦」と呼ばれるようになりました。さらに詳しくなると、「芝」とは芝沖の海苔の養殖に使う木の枝「ひび」(竹篠)のことであり、「ひび」の並んだ海であることから「芝浦」となったという人もいます。その為に、中世から東京湾の重要な海運拠点で、戦国時代には後北条氏の水軍の一拠点であったとされ、北条氏の縁戚である吉良頼康と玉縄城主北条綱成が地区全体を治めていた記録が残っています。そして時が流れて、昭和のバブル全盛の頃には、芝浦一丁目に「ジュリアナ東京」や「ゴールド」などといった、一世を風靡したディスコが存在感を周囲に放射していました。まさに、日本中がバブルの好景気に沸いていた時代の頃の話です。を象徴する社会現象のひとつとして語られています。そのごも平成にかわり東京都により都心居住のモデル地区に位置付けられ、高層住居誘導地区に全国で初めて指定されました。いわゆるタワ-マンション到来の先駆者的な役割を担っているようになりました。2008(平成20)年には、都市再生機構(UR都市機構)とデベロッパ-によって、「芝浦アイランド」として生まれ変わったのでした。

トップに戻る